2017年10月20日

メダル量産に向かって。

平昌オリンピックまでもう4ヶ月なんだね。

あっという間だ。

今度のオリンピックは金メダルどのくらい取れるのかな。

やっぱりフィギュアとスキージャンプくらいかな?

スキージャンプは高梨選手のリベンジ。

これは期待せずにはいられない。

ソチでは金メダルが確実視されてただけに4位という結果。

プレッシャーもあっただろうけど、
一回経験した強みがあるからベストジャンプを見せて欲しい。

あとは伊藤選手も大きく成長してきたから、
日本人選手のワンツーフィニッシュと言うことで。

フィギュアは羽生選手が絶対的な存在。

安藤…じゃない(笑)、フェルナンデスがここのところ絶好調だから
絶対的ってこともないかもしれないけど、
完璧な演技ができれば金メダルは大丈夫でしょ。

女子は若手がどんどん台頭してきて底上げにもつながってると思うけど、
枠が2つしかないってのは厳しいなぁ。

まずは誰が五輪の出場権利を勝ち取るのか注目しよう。

他の競技は…ソチで銀メダルの渡部選手とかはどうなんだろう。

まぁ、色んな競技まだまだ選手選考の段階だと思うけど、
みんな悔いのないように頑張ってもらいたいね。  


Posted by やまなか at 18:01Comments(0)

2017年10月02日

日本勢無念

日本競馬界の悲願、凱旋門賞勝利。

今年も達成されることはなかった。

サトノダイヤモンドとサトノノブレス、
2頭のチームプレーで勝利を狙うも18頭中15着、16着。

勝ったのは日本でも単勝1.8倍のイギリス馬エネイブル。

危なげなく普通に勝っちゃったねって感じ(笑)

まぁ馬場が馬場がって以前から言われてたけど、
予想の通り重馬場と言うサトノダイヤモンドには向かない状態に。

そして負けた後もジョッキーが馬場が向かないと
終始敗因は馬場が悪かったと。

出走しないと勝つチャンスすらないけど、
馬場が向かないなら適正のある馬に挑戦させてあげれば良いのにね。

良馬場だったとしても日本ほどのスピードが出ないなら
日本で賞金稼いだほうが馬のためにもなると思うんだけどなぁ。

まぁその辺はオーナーの夢ってところもあるだろうし、
挑戦してくれるだけありがたいって思うべきなのかな。

また来年、単純に強い馬ってだけじゃなくて、
適正のある馬でチャレンジしてもらいたい。

今回日本馬のチャレンジに携わった方、お疲れ様でした。  


Posted by やまなか at 18:27Comments(0)