2020年01月16日

VARの意味

VARは誤審を防ぐためのものだと思ってたけど、違ったんだね。

結局は審判の偏見とかあれば、

いわゆる中東の笛とかいうのになってしまう。

何ならVARを悪用するなんてこともあるのかなぁなんて。

昨日のU-23アジア選手権。

日本はカタールと1-1で引き分けて

1勝もできずに今大会を去るということになったけど、

前半終了間際、田中碧のタックルがVARでレッドの判定。

確かに相手の足首に足裏が入って入るけど、

先にボール触ってるのこっちだし、

勢いで相手に足が入ってしまったのがレッドなら

1試合で何枚も退場者出ることになるし、

タックルもできなくなっちゃうと思う。

そして、PKを取られた場面。

齊藤が先にボールを触って、相手の選手が齊藤の足を蹴ったのに

相手が痛がったらPK、VARの確認はされず。

これじゃ勝てないよ。

思い切ったプレーもできない。

FIFAとか動いてくれないもんなのかな。

VARがあるのに審判がやりたい放題とか、

導入する意味ないじゃんか。



Posted by やまなか at 22:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
VARの意味
    コメント(0)